顧客の要求分析をしよう

システム

開発の最初のステップ

システム開発で重要なのは顧客の要求を満たしているかが大切である。システム開発というと、プログラミングの作業を思い浮かべる人が多いが、それは開発の一部である。実際には作り上げたシステムをどのように運用していけば顧客の要求が満たされるかまで検討して、システム開発といえる。作り上げた製品がそもそも顧客の要求を満たしていないことは論外であり、製品ができあがっていても運用方法を間違えれば顧客の要求を満たすことができない可能性もある。そのため、顧客の要求を確認することは非常に大切である。顧客といってもいろんなパタンがある。一般大衆向けのシステムであれば、一般ユーザーまたはそのシステムを管理するところが顧客となる。また、自社内で作成するシステムであれば、自社の社員やシステム管理部署が顧客となる。その顧客の要求を正しく分析することがシステム開発の第一ステップである。要求分析では、まずシステム開発を行うことでどのような問題を解決しようとするかを確認する必要がある。その問題が顧客に対してどのような影響を与えているか、また問題の取り巻く環境を把握する。つぎにその問題をどのように解決したいかを顧客と相談しないがら、定性的定量的にまとめる。その後、システム開発をするうえでの制約を加味し、開発するシステムの機能や目指す性能値、その運用方法を決定する。顧客側のコスト面での制約や作る側の技術面の制約もあるため、この段階で想定されるもの早めに検討したほうがよい。この顧客との要求分析をしっかりと行うことが、実際にシステムを作り上げていく上で大切となる。この要求分析は開発の最初のステップでシステム開発の前提となる部分であるため、ここが不確かな状態であると製作途中で疑問点等が多くなることや、顧客側との齟齬が発生する。そのため、顧客の要求分析はシステム開発にとって最も大切なステップとなる。

Copyright© 2018 業務効率アップのビジネスチャット【情報管理を厳密に行う】 All Rights Reserved.