web会議

インターネット経由の会議

離れたところにいる人同士でも会議ができる仕組みとしてWeb会議があります。インターネット回線とパソコンの他、システムの中心であるソフトウェアが必要になります。画像や音声をきれいに送れるだけでなく、プレゼンがしやすいものなどもあります。

情報共有を迅速化する

吹き出し

複数の相手と同時に会話

通信ネットワークを介したコミュニケーションツールといえば電子メールがおなじみですが、近年これに加えて普及が進んでいるのが、チャットです。チャットとは一種の電子掲示板のようなサービスですが、通常のインターネット掲示板と異なるのは、あらかじめ登録されたユーザーしか参加できないということです。書き込み方法はネット掲示板とよく似ており、投稿するとメッセージや画像がリアルタイムで画面に表示されます。この機能を使って、まるで電話で話しているかのように次々と対話を続けていけるのがチャットの大きな特徴です。チャットは大手のSNSサービス事業者などが無料で提供していますが、ビジネスユースに特化した有料の製品もあります。後者のようなタイプを、特にビジネスチャットといいます。ビジネスチャットの大きな特徴は、セキュリティがしっかりしていることです。無料のチャットサービスをビジネス用に使っても構いませんが、広告などのノイズが入り込んできたり、私用と混同してしまうことでうっかり情報が流出したりする懸念があります。この点、ビジネスチャットは企業単位・部署単位などクローズドな形で導入できるので、情報管理を厳密に行うことがきます。また、ビジネスチャットにはそれぞれのニーズに応じたカスタマイズが可能であるという特徴もあります。メールや電話と異なり、チャットには1対1のみならず多対多でのやり取りができるという利点がありますが、カスタマイズによって参加メンバーを調整したり、複数のチャットグループを同時並行的に運営したりすることができるようになります。

レディ

便利な予約システム

web上で気軽に予約ができる、予約システムにより、システム提供者は予約ミスを防ぎ、受付業務の軽減ができます。利用者にとっても、思い立った時にすぐ予約ができ、予約の確認も気軽にいつでもできて安心です。双方にとって、大変便利で人気のシステムと言えます。

クラウド

端末やOSの垣根を越える

企業が使用するソフトウェアやアプリケーションは、複数の端末やOSで共通に動作する必要があります。仕様の異なる機種やOSの間での共通動作を実現させるには、マルチプラットフォームの導入が欠かせません。スクリプト言語で開発されたマルチプラットフォームは開発コストも安く、スマートデバイスにも対応可能です。

システム

顧客の要求分析をしよう

システム開発で重要なのは顧客の要求を見たいしているかが大切である。顧客の要求分析はシステム開発の第1ステップであり、顧客がシステムで解決したい問題を確認し、顧客側の要求とまとめるステップである。この要求分析はその後開発の前提となるため、最も大切なステップとなる。

チャット

手軽なコミュニケーション

ビジネスチャットは、社員同士が気軽にコミュニケーションを行うツールとして、重要視されております。電子メールと違って、形式ばることなくメッセージを発信できます。またメンバー同士で電子ファイルを共有したり、Web会議機能を使って会議を行う事も可能です。

Copyright© 2018 業務効率アップのビジネスチャット【情報管理を厳密に行う】 All Rights Reserved.